News

【東京ポストパンク黎明期の幻の音源 奇跡の発掘!】

パンク・ニューウェイブの熱波で多くの若いバンドがひしめきだした1980年の5月。

次世代と目された数バンドによるレコーディングライブ「回天’80」(六本木スタジオマグネット)が企画された。

収録された音源はオムニバスLPとして予告されたが…

主催者が経済破綻により行方をくらまし、そのまま幻の音源となっていた。

そして40年後、コロナ禍に世界が揺れる2020年、ある種の終活として主催者が謝罪と共にマスター音源をバンドに返却。

メンバーでさえ、その存在すら忘却していた音源であるが

結成初期の熱量と勢いにあふれた演奏はメンバー自身が驚く新鮮さがあった。

(more info coming soon!!!)

絶対零度は僕が初めて、ライブを見てレコードを作りたいと思ったバンドだった。
ロックのフォームを壊したところから始まったようなその音楽は、
東京ロッカーズの次の時代を予兆させ、新鮮な衝撃だった。

地引雄一(写真家・JUNK CONNECTION主宰)